Welcome to my blog

新.わかさの素:年齢に負けない肌と健康つくり

5歳若く見られたい!アンチエイジングに目覚めいつまでも年を取らない情報収集家

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 えん麦のちからって本当に効果があるの?



えん麦って聞いてことありますか?

いわゆる「ふすま」ってやつです。

これおなかの中でぐぐぅっっと膨らんでくるんですね。

さらに食物繊維が豊富なものだから
身体に良いものなんです。


しかしこのえん麦が効果があるのかないのか
賛否両論

なのでいろいろと調べてみました。
えん麦


えん麦とは

オーツ麦のこと
海外ではオートミールやグラノーラに入っています。
米国タイム誌では、「栄養機能が非常に高い10の食品」に選ばれたほど
身体にとってもいい機能性食品と言えますね。

日本ではあまり使われていまいけれど
海外では毎日のように食べられるものです。

えん麦の働き
食物繊維が玄米の9倍

えん麦の力2袋で1日の食物繊維が摂れます。


水溶性食物繊維1(大腸で分解され善玉菌を増やす働き)
不溶性食物繊維2(水を吸収し腸の蠕動運動を活発にする)


えん麦って腸内環境を整えてくれる
うれしい働きがあるんですね。

便秘症の方にもこれは良いですよ(^_-)-☆


「低GI」
インスリンの分泌が低く抑えられる


GI値は食後の血糖値が上昇するスピード数値
これでえん麦は血糖値抑制効果があることが分かります。


血糖値を気にするお父さんにもえん麦は最高の素材であることが分かります。

太りにくいし腹もちが良い

えん麦の最大の特徴は
水に溶けると約8倍に膨張すること


えん麦が膨らむことにより満腹感を得られ
食べ過ぎ防止になるわけです。


えん麦の力はパウダー状のスティックタイプ

だからお料理にも使えるのが便利
勿論いつも飲む飲料に入れても簡単


1袋が44kcalで158円
えん麦の力


こんなに優れたえん麦の力なんですが効果がないということも
それってどうなの?

  • まずかった
  • お腹が膨らまない
  • 粉っぽかった
  • だまになったりした


えん麦が普段から食べなれていない日本人の口には
まだまだ合わないかもしれませんね。

オートミールだって食べにくいし。

後は8倍に膨らむので水分が足りないせいもあるのかもしれません。


しかし健康面ではいい素材なので健康を考える方にはおすすめです

詳しくは公式サイトでチェックしてみてね
>>>えん麦のちから










- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。